スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヅカばらオスカル編観ましたよー
うーん、どこから突っ込んでよいのかわかりません・・・
もうヅカばらは「様式美」を堪能するものだと割り切って見ることにしたので、若いころほどの怒りと失望は感じなくなりました。
なのでゆるーくゆるーく平和に観劇してきました。

某海外ミュージカルの影響で、ジャルジェ家のシーンで背景におかれた甲冑は絶対動き出すに違いない!とか、ジャルパパが神様と対話しだすところは「屋根の上のヴァイオリン弾き」みたいだなーとか余計な事ばかり考える始末w

オスカルはですねー、ビジュアルは素晴らしい再現度でした
そして佇まいはなんというか、蠱惑的で・・・私も一瞬クラっときました
男でもあるような女でもあるような、男でもないような女でもないような・・・いうなれば性別:オスカルって感じw
原作は完全に女だろーと思っているのでこれは新解釈のオスカルだなぁと感じ、結構これはこれで面白く見ましたよ。

フィナーレはいつものフィナーレかと思いきや、斬新でしたね。
あれはオスカルとしてフィナーレに参加してるって解釈でよござんすかね?
ここでもやっぱり男でも女でもない、オスカルという第3の性別だと感じましたねー。

結論:美しいは正義w
スポンサーサイト
明日ヅカばら観劇してきます  
小5の娘は初ヅカ観劇です。飽きないで耐えられるかどうかちょっぴり心配
ベルばらの知識は入ってるのでなんとかなるか
マイ・フェア・レディ観ました
母の日と誕生日のセルフプレゼントですw

作品としては初めて見るものでしたので、新鮮な気持ちでどっぷり楽しめました
懸念していた霧矢氏の高音、思ったより出てたけど苦しそう
男役の歌から女役の歌へのシフトが大変なのは他のOGさんの舞台でもよくわかってるので、ファン的には全然OKな範囲でした(えらそうでスミマセン)。
何よりキュートだったのですべてOKだよん(盲目モード)
斜め上のヅカばら
音月桂 退団公演「JIN-仁-」 漫画の名作、宝塚で続々

義実家で読んだ新聞記事です。
裏面は真矢みきのインタビュー記事で、「昔はTV編成欄にいたと思われるヅカ好きの記者さん、文化面に移ったんだなー(想像)」と思いながら読んでいたところ、ヅカばらに関して書かれた以下の一文を見て驚愕。

ラストの昇天するオスカルとアンドレの馬車がクレーンで宙乗りになる新趣向が計画中で


なんだとおおおおおおおおおおおおおお!!!

新演出の方向性が・・・私が期待したものになるとは今更思わないけどさ・・・
巨匠(笑)のアイデアはいっつも私の斜め上を行くのさ・・・
この間、ヅカの公式サイトにあるヅカばら特設サイトに「押し寄せる急流」の復活希望とかバカなコメント投稿しちゃった&載っちゃったのさ・・・

なんだかんだいいつつチケット取っちゃったのさ・・・
こんなファンがいるから調子に乗っちゃうんだよね・・・
先行ってせつない
某OGさんのコンサートチケットが届きました。

びっっっっっっくりするほど、後ろの席でした。
東京宝塚劇場で言うと、S席を購入してみたら旧A席の座席だったでござる、って感じ。
(なにこのヅカオタにしかわからない例え)

某カード会社の先行予約、受付と同時に申し込んでこれか~。
一応ゴールドだし、贅沢を言わせてもらえばあと4~5列は前で観たかったなー。

良席をゲットされる方々は並々ならぬ努力をされていると思うので、運のみに頼ってる私としては、結果はこんなものなのでしょうか
愛情が怠惰に負けてしまっている罰ですね

コンサートといってもOGさんのは、座って観てOKですかね?
オペラグラスとか、あり?
この席じゃ顔とか見えないし、一応こっそり持って行ってみます。
誰か使ってたら私も使うw
Copyright(c) phantom.materials 2005 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。