FC2ブログ
シャボン玉成功っ!
NEC_0141.jpg
ついにシャボン玉吹きに成功しました!いぇい。
以前と変わらずシャボン液を付けた方に口を持っていこうとするので
「ココにお口をつけて、ラッパみたいにプーってやってごらん」
と言ってみたら、その通りにやってくれました!
わたしが言ったこと、しっかり理解してる!なんだか感動・・・
でも「おかたづけしようね」とかはスルーなんだよな(笑)
生協に入りました。
重いものやかさばるものはコレで楽々買い物できるわ♪
というのは表向きで、

ヅカのチケ取りのために入りました・・・

すみません、すみません、すみません。
いやもちろんお買い物もするんだけど。
加入前に「宝塚などのチケットも取れると聞いたのですが」とうっかり問い合わせてしまったために、生協の方々からはすっかり「宝塚=おいら」というのがインプットされてしまったようで、会う度にヅカの話題をされるようになってしまいました。
ぎょえーーはずかしいーー。

・・・でも自分を偽らないってちょっと気持ちいいかも・・・(もはやマゾ思考)
iPod Shuffle
朝、宅急便の届け物がありました。
オークションで落札したとあるものかと思ったら、某デパートからの荷物。
お中元でもないようだし、なんじゃらほい?と思って開封すると、タイトルの品物が出てきました。
同封された文面を見ると、某デパートでお中元を贈った際にプレゼントキャンペーンをやっていたらしく、それに当選したとのこと。
うわー、びっくり仰天有頂天。
先日の旅行券といい、ちょっとおいらツイてるぜ。
二度あることは三度ある、よーしこれでサマージャンボ宝くじも(以下略)

・・・iPod Shuffleって、音楽が聴けるんだっけ?名前からしてMacでしか使えなさそうだなぁという程度の認識しかなかったので(恥)ネットで調べたところ、Windowsでも使えるらしいですね。ほっ。
電車通勤していた昔なら大喜びでしょうが(いやもちろん今だって嬉しいけど)今は魔の(もうすぐ)2歳児と通常の歩行にすら神経を使う毎日。
こんなん娘に見つかったら落として踏んで壊すか、ウェハースと間違えて口に入れられて一瞬でお陀仏なのは目に見えている。
夫はカーステレオで通勤だから用無し。
当分封印しておくか。
チーズオムレット
スナッフルスのチーズオムレット
先日、北海道土産で「スナッフルスのチーズオムレット」をいただきました。
溶けてる?と思ったくらいに柔らかくて、ふわふわなチーズケーキでした♪ああ、おいしすぎる~。
四十九日
父の四十九日の法要に行ってきましたー。
もうそんなに経つのねぇ。
こういうイベントを繰り返していくうちに、わたしの一生の中で父がいない時間のほうが多くなっていくんだろうな。寂しいけれど、夫と娘がいてくれたおかげで随分助けてもらっています。大感謝。

娘はお寺に到着とほぼ同時に撃沈していて、夫婦交代で法要に出たりで何かと慌しかったです。起きて愚図られるよりはマシか・・・

防災訓練
きょうはマンションの消防訓練に一家で参加してきました。
消火や救助、避難の方法などを消防士さんに教えてもらいました。
その後の懇親会では多分10年以上ぶりに綿菓子を食べて、焼きそばに焼き鳥にソーセージにトウモロコシ等々、こんなにいただいちゃっていいの?状態でした。おかげで昼食を作る手間が省けました(笑)

で、夕方にスーパーに買出しに行ったその時・・・店内が一斉にゆさゆさっと揺れたような感覚がしました。結構長い間揺れていて、ビビりましたー。
うーん、早いうちにトイレットペーパーとミネラルウォーターを買っておかねば。
銀の狼
地方公演(今は全国ツアーと言うらしい)で再演だそうです。

http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2005/jun/kiji/06silverwolves.html

初演が涼風真世、通称カナメさん主演だったので勿論知ってます。
この公演、東京に来なかったんですよね。くすん。
今は東上しないなんてことないんですよね?いいなあ・・・
同作、あらすじは???なところが多かったですが、歌と盆回しの舞台効果が最高!でした。未だに主題歌歌えるくらい好きです。でも、折角録画したビデオがデッキに巻き込まれてお陀仏したので今は脳内再生するのみ・・・。
とりあえず市川公演のチケ取りにトライしようと思います!
盆回しのない地方の劇場でどう表現するのか、怖いような楽しいような。
いっぺんやったろみゃーか関ヶ原~♪(2)
ってタイトルはにも使った気が(汗)
とにもかくにも、司馬遼太郎「関ヶ原(上・中・下)」読了しました。
4月に関ヶ原に行ったのをきっかけに購入して以来、他の本に浮気をしたり娘に邪魔されたりで中々読み進まず、今日にまで至ってしまいました。

主人公の石田三成だけでなく、あの合戦にかかわった多くの武将の挿話が随所にちりばめられ、当時の情勢を俯瞰できたところが面白かったです。
ですので、文庫本3冊の長編ですが、さほど長く感じられませんでした。

長年の辛苦を乗り越えてついに天下取りに挑む徳川家康。
誰もが「利」によって動く時代に、あえて「義」によって動いた石田三成。
秀吉に世話になった多くの人物が(謀略もあるけれど)家康側に転んでいく中で、秀吉の恩顧を忘れずに豊臣家再興のために奔走する三成が悲壮で、思わず応援したくなってしまいます。
そんな三成を応援するべく立ち上がった大谷吉継もめちゃくちゃ素敵!こういうのを「義を見て為さざるは勇なきなり」というのねー。

家康は家康で、天下を着実に手中に収めるために政戦両略を尽くす経緯は非常に息を呑む思いがしました。
実際の関ヶ原の合戦でキーパーソンとなっ(てしまっ)た小早川秀秋をはじめ、宇喜多秀家、北政所、淀君などの豊臣家サイドの人物は、「豊臣家の人々」という作品で個別にクローズアップされていますので、こちらもオススメです。
授乳ごっこ
娘が最近ハマっている遊びです。
といっても授乳させられるのは、わたし。
娘が人形をわたしの胸元に持って来て、わたしが人形に授乳するのを楽しそうに見ています・・・。わたしもう母乳は出ないんですがねー。なんなんでしょうか。
ジーニーはともかくアラジンに授乳はちょっと照れるぞ!
ディープ・ブルー
 ディープ・ブルー スペシャル・エディション
「ディープ・ブルー」というドキュメンタリー映画をDVDで見ました。海の中のさまざまな海の生き物の生態を追っているのですが、その映像の素晴らしいこと!映画館の巨大スクリーンで見たら迫力も違ったでしょう。
海の中の生活も楽しそうだけど、クジラやサメに踊り食いされる小魚はイヤだなあ・・・

ディープ・ブルー公式サイトへ/
ライバル多すぎ
NEC_0124.jpg
久々に一人で外出です。行き先が銀座でしたので、待ち合わせの前に銀座チャンスセンターに行ってみました。
夢は買わなきゃ当たらないもんねー。

ここの宝くじ売り出し風景はいつもニュースでやっていますが、相変わらずの盛況ぶりです。日本で一番当たりが出るそうですが、売ってる量も日本一だもんなぁ。
中でも一番人気のレーンは1時間待ち!とのこと。
待ち合わせ時間もあるし何より暑いので、他のレーンで宝くじを購入しました。ヘタレだわ。
真珠の首飾り
というお芝居を観に行きました。
日本の現憲法制定の経緯を、GHQ側から描いたお話です。
ちなみに日本側から描いたお話もありまして、「憲法はまだか」というタイトルでNHKで放映されました。(こちらは未見ですがめっちゃ面白かったそーです)

舞台の狂言回しを務めるベアテ・シロタ・ゴードンという女性は、民間人ながらGHQの民生局員として憲法草案作成に参加、女性の権利条項追加に貢献しました。当時なんと若干22歳!
ベアテは幼少時東京に住んでおり、日本語が堪能だったことと(6ヶ国語を操る語学力の持ち主です)日本人の生活、とりわけ女性の実情を見聞していたことが抜擢の理由ではなかったでしょうか。

憲法草案に参加したメンバーは非公式なもの、というよりトップシークレットだったので残業手当もなし、打ち上げパーティもなく、参加者の名前も残りませんでした。人類社会への理想や希望を謳い上げた新しい憲法作成に参加できたという充実感を除いて。
最後はちょっと日本の現状についての政治的な匂いがぷんぷんして???でしたが、そこがなければ非常に面白かったです。

わたしは恥ずかしながら憲法制定の経緯をよく知らないので、GHQ内部でも色々な駆け引きや考え方の相違があったことが興味深かったです。
近いうちにベアテの自伝「1945年のクリスマス―日本国憲法に「男女平等」を書いた女性の自伝」にトライしてみようと思います。
シャボン玉
「あれ~?」
自分で飛ばしたくても飛ばせないウチの娘・・・
NEC_0123.jpg

旅行券当選っ!
なんと参萬円。
うっひぇー。
この余勢をかって、サマージャンボもいただきだぜベイベー(笑)

希望としては渡仏費用に充てたいところですが、いつ実現するかもわからんので、近々使ってしまうでしょう。
プール付きのホテルでのんびり過ごしたいなぁ。
父のお別れ会
に行ってきました。賑やかなのが好きな父の意向もあり、バンドの演奏で父の60年代の曲が終始流れて、まるでコンサート会場のようでした。娘はあまりの人の多さにビビッて、パパにしがみついたまま離れませんでした(^^;)
実際一緒に行った義母は娘担当だったはずなのですが、もろ観客化してました・・・リアルタイムで聴いてた世代だもんなぁ。個人的にはささきいさお氏を生で見られて嬉しかった(ぼそ)

会場は終始人でごった返していて、人の多さに驚くやら恐れ入るやら、でした。半世紀も仕事をしていれば関係者も多くなるでしょうが、平日の昼にこんなに人が集まるなんて感激です。おとっつぁん、よかったねぇ。
好きなことを仕事にできて、またその仕事で業績を残せるってとても幸福なことですよね。好きなことを仕事にしようとして挫折した身としては本当にそう思います。
我ながら情けなるほど不肖の娘なのですが、ぼちぼち頑張りますわ・・・

会場に飾られていたお花。カーネーションで模られた♪マークが可愛いv
NEC_0119.jpg

お散歩スタイル
NEC_0116.jpg

めっちゃ暑い日が続きますが、一日にいっぺんでも外に出さないとストレスがたまるのか機嫌が悪いので(まるで犬の散歩のようだ)、きょうもめげずにお散歩です。
今日は珍しく帽子をかぶってくれました。マイブームは写真の隅にちょろっと見えるビニール製の犬で、これをころころ転がして散歩してます。
お昼寝後にも午後のお散歩があります。はっきり言って親のほうが疲れるよ・・・
ルーヴル美術館展
18日まで横浜で開催されていますが、結局行かれそうもありませぬ。
その代わり?に、「パリ・ルーヴル美術館の秘密」というDVDを購入しました。

ルーヴル美術館を取り巻く様々な人々を追ったドキュメンタリーで、有名絵画がじっくり見られるわけでもないし作りも地味ではありますが、普段なら絶対に見られない美術館の奥や、絵画の運搬風景(文字通り人海戦術)などが見られたので非常に興味深かったです。

オタク育成記
最近娘があるキャラクターを見て、
「カルック!」または「アレック!」と連呼しています。
さて、なんのキャラでしょう?
続きを読む
七夕の短冊
昨日見た七夕の短冊にこんな一文がありました。

おかめもちになりたい」

なんか美味しそう。
これをはじめ子供による「お金持ち願望」短冊が多くてちょっとびっくり。
世知辛い世相を反映してるんでしょーか。
確かに金は無いよりあったほうがいいだろうけど、なんだかなぁ。
大変辛い思いをした挙句病死した父や春からずっと体調不良の義母を見ていると、月並みですが「健康は第一の資産である」と実感しますです。

ちなみにこんな短冊もありました。
「あねごになりたい」 ←子供の考えることはやはり判らん。
些細なことだけどムカっとくる
ことがあります。
スーパーやコンビニなどのスイングドアですが、おいらは後ろに人が居る場合には手を添えてドアがぶつからないようにしています。
その時、礼を言えとは思いませんがせめて手でドアを押さえて欲しい~。
何が腹立つって、後ろの人がそのままドアを通過してしまうことですよ。
わたしゃーあんたのドアマンじゃねぇよ、とマジでカッチーン!ときます。

期待しすぎなのか、心が狭いのか、カルシウム不足なのか。
全部だなきっと・・・


身分違い
の恋に弱い(^^;)わたしは、最近「エマ」というまんがを読み始めました。

舞台は19世紀末のロンドン。どこか世間ずれしていない?ジェントリの坊ちゃんのウィリアムがある日、幼少時の家庭教師宅のメイド・エマに一目惚れをするものの、階級差は如何ともしがたく・・・さて二人の恋の行方はっ?
てな具合のお話です。
エマがやたらもてる眼鏡っ娘でいかにも萌え萌え路線、そしてあまり面白味のない性格(まだ1巻しか読んでいないので今のところはこんな印象)なのがちょっと・・・ですが、コマ小道具まで良く書き込まれていて見応えがあるし(考証不明)、歴史ものだし、なんたってキーワードが「身分違いの恋」とくれば、読まずにいられましょうかっ。

ちなみに既に「英國戀物語エマ」ちゅータイトルでアニメ化もされてます。
しかも単行本の副読本として「エマ ヴィクトリアンガイド」まで・・・。
実は巷で流行ってるんですか?

作者の森薫氏のサイト「伯爵夫人の昼食会」もオススメです。
私より年下でなんかショック・・・(意味不明)

ヅカばらプレオーダー
先程e+でプレオーダーにトライしました。
邪魔されないように娘には蒸しパンを与えて、だんなPCを使って2台でアクセスして、やっと取れたー!!
続きを読む
食べてー!
うちの子、食事をぜんっぜん食べません。
食器セットやご飯の形をアンパンマンにしてみたり、手を変え品を変え・・・てるつもりなのですが殆ど効果なし。
そんなにわたしが作る飯はまずいのか、と落胆する日々です。
納豆と豆腐と海苔と玄米フレーク&牛乳、野菜ジュースだけで生きてるようなもんだ。はぁ。
コレだけ見ると健康そうによさそうだけど、もっと色々なものの味を知ってほしいのよう~。

確かに体重は殆ど増えていませんが(きっちり計ると落ち込むのであまり計っていない)、あれだけ元気なのだから心配しなくてもいいのでは・・・と頭ではわかっているのですが、やっぱりご飯はもりもり食べて欲しいと思います。親のエゴですかねえ。

そんなわたしは(今もですが)超偏食家で、多分親を困らせたことも再三だと思います。
親の因果がなんとやら。(--;)
Copyright(c) phantom.materials 2005 All Rights Reserved.