FC2ブログ
2006-01-11 14:01 | カテゴリ:舞台ネタ
ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:ミュージカル
最初に舞台で観たのは宝塚版で、男爵ではなくオットーが主役になった変則的な舞台でしたが、号泣のあまり終演後も席から立てなかったほどの衝撃でした。こんな作品は後にも先にもありません。

で、感想。
初演のトミー・チューン版でもなく、宝塚版でもない感じです。
あまりにも宝塚版の印象が強すぎて、グランドホテルの世界に浸りきれなかったです。
あのときの舞台は、あのときにしか観られないのは判っているのですが、ついついよすがを求めてしまうんですねぇ。

セットは綺麗でしたが、あの「椅子」(椅子の配置を換えるだけで場面転換するんです)と「バー」(フラムシェンのおシリフリフリ♪とオットーのバー越えは大事なシーンだと思うんだけど--;)が出てこないのが残念でした。
アンサンブルが少なくて迫力不足(Some have,some have notとかあと5人は欲しいっ)だったのと、最初の山場(と勝手に思っている)の電話~Grand Paradeでシメるところの重唱、もっとみんな頑張ってくれーーー!
男爵役はシャープ君@大澄賢也でした。身のこなしと年上の女性の扱いは最高でしゅ。あとは歌かorz

あああ、なんだか文句たれモードですか?スミマセン。
それだけこの作品に思い入れがあるということでご容赦ください(汗)
・・・観たの3日目くらいだし、再見できないけど後になるほどよくなっていってほしいです。
何より生オケでグランドホテルの曲を聴けたのはH-A-P-P-Y♪でした。


付記。
東京国際フォーラムの3階席、高い!
値段じゃなくて、heightの方・・・。
最近観劇しても、どうも見下ろしてばっかりだわ(笑)たまには1階で見てみたいものだわい。