読まなきゃよかった(1)
松本清張の「鬼畜」を読んでしまったorz
(夫が実家から持ってきた)
子供がつらい目に合う話はつらすぎる。ましてやこの子達は・・・

文章って一度読むと途中でやめることが出来なくて、この話もだんだんツライ方向へ話が進んでいくのにどこかで救いを得られないかと字を追ってしまうのです。アホですね。
結局まったく救いがないわけじゃないけどやりきれない気持ちのまま読了してしまいました。

ネットやっててよく思うのは、「読むのをやめる勇気」も必要だってことかなー。
小心者
電車でちょっと眠りたかったので、わざわざ始発駅まで戻って席ゲット。そのうち満席になったので、やっぱり始発駅まで戻ってよかったわ~と思いながら、いまひとつ眠れずうだうだしていると、電車は次の駅に到着。

もうおわかりですね。
目の前にどーみてもお年を召したご婦人が立たれました・・・しかも目が合った。

もう終わった・・・

ええ、もちろん席をお譲りしましたわ。
1時間くらい乗ってようやく座れましたわ。
今更寝ちゃったら自分の駅で起きられない自信ありありだから寝なかったです。

隣の席で0.5人分開いたスペースにでかいかばんを鎮座させて爆睡していらっしゃるご婦人のように生きられたら、気持ちいいかなぁ。
ありがとう
うちの娘のめがねデビューについて、あたたかいコメントやメールを頂戴しております。
どうもありがとーー
おかげさまで、娘のめがね生活は、今のところ順調な滑り出しでございます。

他の件のメールも溜め込んでしまっているので、近々必ずや送らせていただきます~


きょうから眼鏡デビュー
土曜日に出来るはずだった眼鏡が早めに完成したので、きょうから眼鏡デビューです!

やっぱりかけ心地が気になるようで、眼鏡を取ったり外したり・・・。
しまいにゃ眼鏡の鼻押さえ(っていうの?)を鼻の穴に入れて遊んでる~

目の治療でもあるので、いかにして眼鏡の着用を定着させるか。
親と子供の知恵比べというか、おだて合戦というか・・・勝負の日が始まります。
エネミー2号発見
次のエネミーは夫!

私も斜視だから、子供の斜視は遺伝だと夫には思われていたようです。
私も、ひょっとしたらそうかなーくらいに思っていたのでなんとも思わなかったのですが・・・

遠視&眼鏡生活の宣告があったときに真っ先に口にした言葉にムカッ。

「僕の家系には遠視も眼鏡の人もいないのに・・・」

あのさ、もし遠視も斜視も私の遺伝だったら何が言いたいの?
(ちなみに遺伝か先天的なものか後天的なものかは不明ですって)
と、かなりムカムカ。


あとムカつくというかやめてほしいのは、眼鏡=かわいそうと思っているフシがあること。
夫は視力は1.0超えてるので、眼鏡と無縁な生活だったから尚更なのかもね。
でも、今うちの子の視界はボヤけているの。それを放置しておいて一生このままの方がよっぽど不憫じゃないか?
子供には自分が「かわいそうな子」だって思ってほしくないんですよねー。
自分がよくそう言われる子だったから(家庭環境でだけどね)よく判るけど、他人にかわいそうって思われてるのが判ると、性格曲がるよ~。わたしなんかもう捻じ曲がりすぎて戻らん(笑)

それにうちの子はかわいそうじゃないですよ。命にかかわる病気でもないし、眼鏡をかけていれば普通に生活できるのだから。
例えが極端だけど、怪我をして包帯巻いてるのと大して変わらんのです。

とりあえず夫には、「眼鏡を言い訳にして甘やかしたりするな」と釘を刺すことにします。
エネミー1号発見
眼鏡生活におけるエネミー報告その1.

検査結果をふまえて、眼科に隣接する眼鏡屋さんにGO!したときのことです。

???と思ったのは、眼鏡屋の店員さんの態度。
接客態度じゃないですよ。
子供の眼鏡に関する考え方がネガティブなのー!
さすがに眼鏡屋だけあって「眼鏡=かわいそう」ではないけれど、「お気の毒」ムード満々。

眼鏡を日常的に使用する生活はまだ送っていないけれど、治療のために不可欠なものなのだから、眼鏡生活をもっとポジティブに考えたいのですよ。
しかも眼鏡屋ですよ?眼鏡はちっとも不幸じゃない、「めがねは~顔の~いちぶ~です~♪」(この歌の店じゃないけど^^;)でしょー?
眼鏡屋がこんなんでどーすんの。
眼鏡を受け取るときに同じような発言するようだったら言い返してやる!

子供用フレームの品揃えもよくないし、眼鏡とは長い付き合いになるだろうから、今度は店を変えようかなぁ。

さて検査結果が出たわけだが
がんばってアトロピン点眼もこなし、いざ視力検査へ!

・・・結果。
強度の遠視による内斜視だそうです。(焦点を合わせようとすると目が寄ってしまう)

3歳で眼鏡生活か~。正直、ショックですわ。
でも、視力が成長中の今こそ眼鏡をかけて治療する絶好のチャンスともいえるでしょう。
とりあえず、親の私が「眼鏡=かわいそう」という気持ちを捨てなきゃいけませんね。
めがねをかけずに治療を放棄することのほうがかわいそうですから。


私が一番反省しているのは、半年前に斜視が気になったときにまるで検査にならなかったのを言い訳にして、小児眼科に連れて行かなかったこと。
治療は早ければ早いだけいいということを今回知って、ホントに娘に申し訳なく思ってます。

遅すぎなければいいけれど・・・
わたしは、わたし
いま無いものを欲しがったり羨んだりするよりも、
いまここにある確かなもののぬくもりを感じていたい。



まぁ、ひとりごとです。
ダメ人間だけに、色々とへこむこともあるのさ。
そ、その先は言わないで!
タイトルは小林よしのりの漫画が元ネタです。誰もわからないだろうけど言っておくですわ。

最近の娘の持ち芸「びっくりたまげた、もんざえもーん」。
Yahoo!動画で「逆転イッパツマン」を見ているのでこんなのを覚えてしまいました。
タイムボカンシリーズに出演の多い故・富山敬がこのシリーズでは珍しく主役なんです~。それなのにヘンなつなぎの服着てるのが悲しいです。


先日他の子の前でネタやってましたが、その子らの親もその子も ( ゚д゚)?状態でした。
すごいツライ瞬間でしたね。
うう、コレ説明すると長くなるんだ・・・。
ってか知ってるお母さんいたら友達になりたいよ・・・。
夜のドラマはまったく話題に付いていけないので尚更。
脳サプリ?
きょうは幼稚園の入園式でした。
大人でもかったるいと思われる理事やら来賓の話、子供には尚更でしょうねー。飽きちゃった子供たちは乱闘始めるわ、泣いてる子はいるわの阿鼻叫喚でおいらもぐったり・・・。

園児名簿をみてさらにぐったり。
下の名前、ほとんど読めません・・・。頓智系、フィーリング系さまざま。
無理して漢字くっつけることないんじゃないか?
でもこの程度の漢字名読めないわたしは脳年齢80歳かもねorz
こどもの吃音
ここ一月か二月か、娘がしゃべるときに吃音になるのが気になっております。
そう毎度毎度ではなくて、感情がたかぶると出るかな?
私としては、「考えるスピードに喋る機能がついていっていない」発達の一過程だと思いたいのですが。


吃音を気にして喋らなくなるのはマズイようなので、吃音を訂正したり叱ったりはせずに、まったりと娘が喋るのを聞くようにしています。というかこれしか今できない・・・正直すごくつらい。なんとかしてやりてー!
・・・という親の気も知ってか知らずか、娘は特に気にしている風でもなく、あいもかわらず喋り捲っております。
今はディズニーチャンネルのCMにハマってます。
チョータイヘーン、チョータイヘーン、チョッチョチョッチョッチョ、チョウタイヘーン♪
↑これ吃音じゃないです、ラップです。
こんなの歌ってるからいかんのか・・・?


というわけでいまは様子見ですが、どのあたりで小児科に連れて行っていいのかすごく悩んでいます。
ストレスも吃音の原因のひとつらしいです。来週から新学期で何もかも新しくなるっちゅーのに~
アトロピン点眼
娘の眼科受診の日です。
検査結果は・・・またもや左目だけが0.15。
遠視の疑いが強くなってきたそうです。

今回は更なる精密検査のため、来週からアトロピンを点眼に使用することになりました。
アトロピンと聞いて真っ先に「MASTERキートン」の一コマが浮かんだ私orz
瞳孔が開くので眩しく感じることがあるんですって。
来週から幼稚園が始まるのですが、これがどう影響するか戦々恐々ですなあ。
一応先生には言っておく必要アリデスおばちゃん。(あっDOLネタが)


服用すると微量でも致死量に達するのでビビりましたが、薬局で処方された目薬を飲む程度では死ねません。ほっ。
目薬と聞いただけでまだビビり気味のうちの子ですから、間違えても飲まないな気をつけるに越したことはないけれど。
なぜ終わってないの~
あじさい日記、3月いっぱいで終わるかと思ってたのに終わる気配がない
あの腐った主人公が痛い目を見ることなく、今日も妻の日記を盗み読みしつつ悪態をついておりますよ・・・
盗み読みしてるだけなのに、なんか神の目視点のつもりなのが片腹痛いです。

しかし奥さんも、情景描写や会話も寸分たがわず書き写し(源氏物語の登場人物の説明までしてくれる)た日記を、おそらく渡辺某よりハイスピードで書き連ねています。しかもオーーール手書きですよ。
この特技、何か別の道で生かせないかな。


・・・産○新聞につくづく嫌気がさしてきました。
(この駄文連載だけじゃなくて、他のいくつかの点でね)
先日1年契約を更新したことをちょっと後悔。かといって次はどの新聞にするかというと・・・

いちご新聞でいいや、もう。
ここもある意味偏向報道だけどな(笑
精神衛生上こちらのほうがはるかにいい・・・
Copyright(c) phantom.materials 2005 All Rights Reserved.