FC2ブログ
運動会の予行
体調がいまひとつでしたが、なんとか行って参りましたー。
予行は半日分くらいしかやってないのにへろへろ。
(というか自分のどんくささを久々に痛感しました^^;)
当日はこれに加え弁当作りがあるんだよなぁ。大丈夫かな・・・

子供らが一生懸命演技しているところは、子供苦手なはずの私もちょっと目がうるうるしました。(これで自分の子の演技だったら泣くかもね)
なんだか、宝塚の初舞台生のラインダンスを観た時の感動と似たものを感じました(笑)
あのひたむきな一生懸命さ&必死さが、観ている人にもびんびん伝わってくるのはよいですね~。
ついに病院へ
咳がひどくて夜眠れないので、観念して病院に行くことにしました。
一番近い内科の門を叩いたら、「○○(病名)の専門なのでほかの病気は・・・」と門前払い。そんなら「○○以外の病気はほかの病院へどうぞ」って看板に書いとけ~

いつもかかっている通称・漆原教授の病院は自転車で行くにはちと遠いし体調悪いので、その近くにあるめっちゃ評判悪い(これだけいい評判を聞いたことがない病院も珍しい)病院にGO。
やっぱり評判悪いわけがわかったよ。

先生は「医業も客商売である」って概念が感じられないし、看護師さんたちも病人をいたわるオーラ極少。ひたすら作業ですよ。
病気の原因を突き止めて治してくれりゃいいとは思うんですが、でもそれだけでいいのかなぁ。
「陽だまりの樹」で良庵も言ってたよ、「医は仁術」だって。

診療代と薬代の合計が8000円を超えたのを知ったときが一番眩暈がしました(笑)
無職の穀潰しなのに・・・夫や娘に申し訳ないorz
レントゲン&血液検査とかは妊娠して以来してなかったから、いい健康診断になった・・・とでも思わないとやってらんない

次はなんとしてでも漆原教授の診察を受ける!
あのくらいぬるい先生のほうがやっぱり肌に合いますわ。

いくら技術が良くても・・・なお医者さんといえば、村田蔵六(大村益次郎)ですな!医者として脳では確かなものの、患者とのコミュニケーションが致命的に下手だったので、医院は閑古鳥。
道で会った患者に「暑うございますな」と声をかけられても「夏は暑いのが当たり前です」とか答えちゃうらしいので、さもありなん。
医業でうまくいっていたら日本の歴史も少々変わっていたと思われるので、これはこれでよかったんだろうけど・・・
ご無沙汰してます
一家で風邪の移し合いをしていて、このスパイラルから抜け出せずにおります。

先日は墓参で久しぶりに上京しましたが、あまりの人の多さにすっかり参りました。
浅草はお寺が多い上に観光客の人出も相まっているとはいえ、都落ちして4年余でこの体たらくは恥ずかしいぞ!しかもその辺に住んでたちゅーに。

墓参で上京した時は、帰りに松坂屋の地下で「美濃吉」のお弁当を買うのが定番になりつつあります。
デパ地下か・・・・何もかも懐かしい・・・(涙)
Ay caramba!
週刊新潮」で、「ザ・シンプソンズ」の声優変更騒動が記事になりました。あーびっくり→応援買いしました。

記事のタイトルだけ見ると「特定の方を降ろせ」みたいに取れますが、一ファンとしていいたいのはやはり「長年実績のあるキャストを明確な理由なく切って、本職でもない芸能人に演じさせる」ことへの配給会社に対する憤りです。

「ザ・シンプソンズ」は確かに面白い作品ですが、文化的背景も国民性もまったく異なる日本では、本国のようにヒットするのは難しいのが現状です。
けれども一定数のファンがいることもまた事実ですので、配給会社はヘンに一般向けを目指した小細工を弄してコケるよりは、単館上映でひっそりと盛り上がりたかったです。

映画版「ザ・シンプソンズ」 声優変更に反対するBLOG芳名帳
今やっと2000人超えた~。目標10000人!協力よろです!

山寺宏一より今週の一言
これどー見ても今回のネタ。よくぞ言ってくださいました!って感じ。
ご本人も似た経験おありですもんね(涙)

一城みゆ希さんのブログ
Japanese Margeの中の方ですよ~。
読んでたら思わず涙目になってしまいました。
こちらこそ、マージをこんなにも愛してくださってありがとうございますと言いたいです。
本国版の、一度聞いたらある意味忘れられない声のマージも魅力的ですが、日本のマージも最高ですよ!

とりあえずの希望は、DVDにオリジナルキャストの吹替を入れることかなぁ。映画館は、東京まで字幕版を見に行きます。
イナカのシネコン、吹替え版しかやらないのよ・・・
連休でしたね
narita1.jpg

ひとっ飛びしてきたんですよ、ふっふっふ。
続きを読む
私の頭の中
elilin.gif

脳内メーカーってやつをやってみました。
これじゃ、ただのおめでたいヤツじゃないかよ・・・
当たってるけど。

平日マチネは命がけ?
生協で頼んだチケットが届いていました。
注文したのが昔過ぎて忘れてました・・・。

宝塚の地方公演(といっても市川だが)「星影の人/Joyful!!II
劇団四季「Wicked
そして先日色々な意味で難儀した(理由は後述)「モーツァルト!」を合わせると、この秋から冬は3回も観劇できそうです。ブーヤー!

ただ・・・幼稚園の役員の仕事とぶつからないかがひっじょーーーーに心配。ヅカ公演はまぁよしとしても、「Wicked」が危ういんだよな~。発表会の前日なのだよ!
役員の代理を頼めるような友人いません(爆)ので、最悪の場合は某所頼みですな。あー今からドキドキ。こんど会長さんにそれとなく聞いてみるですよ。

実は「モーツァルト!」チケも、予約サイトがつながらなくて半泣きになりながらチケット確保したものの、その日はなんと幼稚園の終業式。そして役員は大掃除の仕事があることが判明!
平日マチネ(昼公演)のチケットなんて誰に譲ればいいの~って感じでしたが某所で何とか親切な方に引き取ってもらうことができました。
チケットは・・・取り直しましたよ、ええ。
こんどこそ役員仕事がぶつかりませんように(-人-)

主婦は平日マチネ観劇が一番迷惑度低い(子供は幼稚園の時間外保育で夕方まで預かってもらえば何とかなる)しチケットも比較的取りやすい反面、こういうリスクがあるのよね。
ああ、会社帰りに感激してた頃がなつかしー!
コミックビーム10月号
「エマ」と「群青学舎」目当てに毎月コミックビームを買っております。他の漫画も面白いので、何気に発売日が楽しみです。
昨日も幼稚園のお迎え帰りにいそいそと本屋に入って購入。
これでいいのか33歳(笑)

で、エマですよエマ。
話としては完結しているのですが、本作に登場した主役or脇役をメインにした外伝が続いています。
今回はターシャ、ハンス、グレイス、スティーブンスがメインの4コマ漫画形式でした。
スティーブンス話の最後の4コマに思わず泣いてしまった・・・。
それでいいのだ33歳♪(十本アニメの節でお願いします)

そして今月の「まんが極道」@唐沢なをき。
細川○栄子と美○すずえと池○理代子を足して割ったような大御所漫画家が登場していてたまげました・・・
ヒッキー母外界に出る
幼稚園の役員会議に行ってきました。
議題は来月の運動会の係決めです。

役員は立候補して&ジャンケンを勝ち抜いてまでなったわけですが、役員の集まりがある日に決まってお腹がしくしく痛むのは、偶然なのでしょうか。それともストレス・・・?
役員の方々は良い方ばかりなので、私の対人スキルの低さがそうさせるのかもしれません。
こんなんでイベント満載の二学期を乗り切れるのか、すっごい不安。



で、気合入れにとりあえずカーゴパンツ買ってみたよ!
キム・ポッシブルになりきって役員の任務をこなしますぞ。ただしヘソ出しは勘弁。
・・・ってか新シーズンのキムは任務服変わっちゃったんですが。
こんなんで有名にならないで(涙)


ヴァネッサ・アン・ハジェンズのヌード写真がネットに流出 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新



ヴァネッサてニュースになるほど有名だったのかぁ。という驚きが先でしたわ。(芸能人ネタに詳しくないんです)

ディズニーチャンネルはこのニュースを機に「ハイスクールミュージカル」を封印するようなことはしないでほしいなぁ。
私生活の素行がどうであれ、HSMのヴァネッサは可愛いし歌は上手いし(優等生設定には無理があったが)最高だったから!
HSM2だって微妙に楽しみにしてるんだよ~。
なむさんだ~
考えるときに「ぽくぽくぽくぽく・・・」と一休さんネタをやるうちの娘。
でも「ぽくぽく」やってると何を考えてたか忘れちゃうんだよ!

娘「ぽくぽくぽく・・・(中略)ちーん!」
私「考えられた?」
娘「なんだっけ?」
私(´Д`;)

先週の「一休さん」は、母親恋しさに寺を抜け出して母親の家に行ったところ母に邪険に扱われて自暴自棄になった一休さんが、琵琶湖に入水しようとするところで「つづく」でした。
子供向けなのに重い、重いよ一休さん!

で、今週はなんとか立ち直った一休さんが新右衛門さんと珍道中。
先週との落差が激しすぎ。
帝の皇子だった一休さんを「一休どの」と呼ぶ新右衛門さんに対して「一休さんって呼んでくださいってば~」「(テレながら)・・・い、一休んさん」などとイチャつく場面つき。
このアニメ、ホントに子供向けなのかよ(笑)

BS朝日にて毎週水曜の19:00~19:25に絶賛(笑)放映中!
http://www.bs-asahi.co.jp/ikkyu/index.html
ノンタン

たまたま図書館で借りてきたノンタン本、娘がハマってます。
やっと子供らしいものに興味を持ってくれて、ほっとしましたわ。

何気なく本の奥付をみたらあらびっくり!
1976年初版以来、300版超えてます・・・。

私も子供の頃読んでいた本を娘が読んでいて、ちょっとジーンときちゃいました。
モアイ像到達
イースター島自体は行くの自由なんですが、モアイ像を見るためには奥地に行かなくてはなりません。
奥地に行くために何度もめんどくさいクエをこなし、万里の波濤を越えて(笑)、ついに到達できました!

easter1.jpg

イースター島(ラパ・ヌイ)。上陸地点には珍しく砂浜あり。
「しっおっかっぜを、ほっほにうっけ、はだしーでーかけてくー♪」
気分はフローネですよ、ええ。

easter3.jpg
目の前なのに「発見」できません。
「発見」するにはまたジャカルタに戻ってクエ受けしなければなりません。鬼だ・・・

easter5.jpg
ジャカルタからワンガヌイ(今のニュージーランドのあたり)を経由してどんぶらこした結果、めでたくモアイ像発見です!
渋谷で見た以来だなー。てかまだ渋谷にモアイ像あるの?

easter4.jpg
文明社会の香りが懐かしくなったので、マルセイユに帰ります・・・。
それまで島でちょっと休憩。
ん!
うちの娘、自分の名前のほかにもいくつか平仮名が読めるようになりました。
(どれも同じような顔に見えるウルトラマンやトーマスシリーズは瞬時に判別できるのに、なぜ文字はダメなんだろう)
外出先などで読める字を見つけると、もう大喜びです。

先日の外出先にて。
「ママー、ん!ん!『ん』みっけー!」
そこには ち か ん 注 意 の看板が・・・。
問題なのは、娘のツッコミはここで終わらないことです。

「(看板になんて書いてあるか)読んでー!」と、決まって聞かれるのです!
読まないわけにもいかないので読んでやりますが、たいてい2、3回読まされ、意味を聞かれるわけですよ。
「ちかんってなにー?」って。
うう、今回のは羞恥プレイだわ。
子供にはそんな大人の事情(笑)はわかりませんから、一応「悪者」だって教えておきました。
本やアニメで悪者を見たとき、「この人チカンだよね」とか言い出さないことを切に願っております(^^;)
「ガラスの仮面」舞台化
詳細はこちら。
http://homepage2.nifty.com/suzu/info/info_ta.htm

・・・。
本編早く終わらせようよ
Copyright(c) phantom.materials 2005 All Rights Reserved.