FC2ブログ
2009-02-23 13:21 | カテゴリ:舞台ネタ
ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
↑CSのアンコールアワーで放映された2002年のバウ作品です。
地味~にリクエストしてたので放映してくれてうれしいです、スカステ様ありがとう。
この調子で次は「ガイズ&ドールズ」を放映してください(こらこら)。

「Slapstick」は、20世紀初頭に活躍した無声コメディ映画監督のお話でございます。
歌は明るく楽しくテンポよく歌うまさん沢山なので嬉しい反面、登場人物が不幸になる確率が高すぎてツライ・・・。
しかも自分のせいじゃないところでスキャンダルが起こって巻き添えに、みたいなパターンでホントに気の毒です。
主役のセネットだけが不幸になるわけでも、おそらく幸福になるわけでもなく(メイベルとは結ばれず、無声映画は過去の産物になるし、トーキーで成功したとも言わないから)年老いていくという・・・切ないですねー(涙)

なかでもセネットとメイベルがくっつかないで終わるのがいちばん納得いかなーい。
何度もチャンスがあったはずなのに、なんて煮え切らない男なんだヒロム!・・・じゃなかったセネット。

笑えるコメディ映画が主題なのに何とも物悲しい話で、涙目になっちゃうので(恥)歌だけ聞いてます。
歌は最高です。