FC2ブログ
2009-05-14 11:24 | カテゴリ:舞台ネタ
有名なミュージカル映画ですね(だよね?)。
CSで宝塚版を観ました。

オクラホマ!(DVD)

ジャケットやあらすじを見ると、とーってもさわやかで楽しそうなミュージカルですよねー。
でも・・・
第一印象:後味悪っ!でした。

主演の敵役ジャッドの中の人が好きだからそう思うのかなぁ?という気もしないではないですが(笑)、それを差し引いてもジャッドが嫌われ過ぎ。
ここのミュージカルナンバーは素敵でしたが、ジャッド視点で見ちゃうから主役もヒロインもみんな嫌なヤツに見えちゃうのが困りました
主役がジャッドの葬式シミュレーションを本人の前で延々とする(しかも歌付き)のはいくら相手が嫌なヤツでもひどい仕打ちだと思います。

ジャッドは過去に看病してもらったという理由でヒロインに執着してるし、主役とヒロインの結婚式で放火したりとストーカーなところはありますが、直接いやな目にあったわけでない人までジャッドを嫌ってる。「トム・ソーヤー」に出てくるインディアン・ジョー級に忌み嫌われてます。
最後の裁判シーンも、死者に口なしといえど不自然なくらいみんな主役をかばってるのが不気味。

ジャッドがここまで嫌われてる理由って、このミュージカルの舞台となった時代の背景を知れば、ちょっとは理解できますかね?
どっちにしても、悪者が救われないまま死んで、そのほかのみんなはハッピーハッピー♪で終わっちゃうのがツライです。
フィナーレが素敵なのが多少のガス抜きに・・・ならねぇーーー!

それを考えると「ミー&マイガール」みたいに誰かを悪者にすることもなくみんながハッピーになるミュージカルって素敵なんだなー、と改めて思いました。

結論:黒い(役がね)霧やんもかっこいい ←結局それかよ