FC2ブログ
2010-09-13 15:56 | カテゴリ:本(主に小説とまんが)
珍妃の井戸

珍妃の井戸

価格:660円(税込、送料別)



「蒼穹の昴」を読んでいないと面白さ半減です。
光緒帝の側室で美人の誉れ高い珍妃の謎めいた死とその犯人について、関係者がそれぞれ真実を語っていくストーリーです。
各人ともそれぞれいうことが異なる(したがって犯人もその都度変わる)あたり、芥川龍之介の「藪の中」にそっくり。
誰が犯人かを当てる推理小説として読むと訳分からなくなってムカついたので、それを考えるのをやめたら面白くなりました(笑)