FC2ブログ
2013-04-19 16:01 | カテゴリ:TV・映画・アニメ
ニュースURLはこちら。

Jamばら(注:月刊Jamという雑誌に連載されたベルばら外伝です)は無かったことにされているらしいw
あれはあれで結構好きなので忘れないでやってくださいw




アンドレの少年時代って・・・
まさか、悪夢のヅカばら外伝・アンドレ編のコミカライズじゃないよね・・・
とりあえず買ってみないと分からないから発売日に買ってみるわ! 
アホなファンだなーと我ながら思います、はいw


そういえば、先日のPC修理のときにデータ整理したらメモ帳に書きなぐったヅカばら外伝・アンドレ編~呪いのどんぐり~の感想が見つかったので貼ってみます。
あ、ちなみに途中で嫌になって書くのやめてますw
続きを書くためにもう一回観るのも嫌なのでこのまま放置です

ベルばらへの愛を再確認させられた公演でした。

ところでマリーズってなんだったんだろう。

小さい頃に交わした結婚の約束を忘れないまま大人になったマリーズは、アンドレを探して彷徨った挙句に行き倒れます。
助けてくれたのは、酒場「アジール」の常連さんたちです。

人を探すなら、まず下調べしようよ!
と思うのですが、オスカルやアンドレが立ち寄れるような場所までたどり着いたんですね。フランスせますぎ!
てかここまで来れるだけの情報もってたら、ジャルジェ家だって簡単に探せそうなものだが。
ここまでたどり着けたのって、女の勘?偶然?嗅覚?

んで、アジール。
古来から、この名前を持つ場所は、世間での罪悪とかしがらみみたいなものからの避難所的な意味を持っています。
ここの酒場も、浮世のしがらみ忘れましょ、という意味でついた名前なのかな。珍しくひねってるな、巨匠。

崇高な命名かどうかはともかく・・・
提灯のようなものがたくさんぶら下がっていて、まるでビアホール・・・。
んで、酒場のねーちゃんを指名できるところはまるでキャバクラ・・・。
なんなんだここはっ。

酒場の女将との同郷のよしみでここで働くことになったマリーズは、(おそらく身分を隠して)常連だったブイエ将軍から幼女へと請われます。
妻を失い子も無い独身中年(老年?)が幼女を・・・って、怪しすぎるんですが。

ここでヅカオタの私は思いました。
ブイエ将軍演じる箙かおるさんは、今までに何度もアクの強い中年の役を好演されています。
このブイエ将軍が、理由なしに同郷のよしみで、気立てがいいってだけで、平民の女を養女にするわけねーーー!と。
かつてのデュ・バリー夫人のように、その美貌で国王を蕩しこむとか、または自分で囲っちゃうとか、そのくらいしか思いつかないよー。

つまり、動機が見えない。弱すぎるんですね。
どうせなら、手垢が付きすぎたネタではありますが、死んだ娘に生き写しとか、そんな設定でも付け足してあげてほしかったです。

そうそう、オスカルを忘れてました。
オスカルは何を思ったかアジールに突然やってきて、酒をがぶ飲み→乱闘に及びます。
原作ではアメリカから戻らないフェルゼンを思ってやさぐれてましたね。
メンタリティは乙女なのに行動は野郎なオスカルって・・・はっきり言って好きw
残念ながらアンドレ編ではここでフェルゼンへの言及がありませんので、ただの困ったお客さんです。

そこに仲裁に現れるのがアンドレです。
常連さんの反応から、アンドレはここの常連・・・とまではいかないまでも、顔馴染みっぽい。
主人の不始末を詫び、金の入った袋をぽんと渡すという気前のよさ。手慣れてるし。
・・・オスカル、酒席での乱闘は初めてじゃないのかも。
秘密

トラックバックURL
→http://monberu.blog14.fc2.com/tb.php/1497-660f39c9