FC2ブログ
2005-01-30 00:02 | カテゴリ:本(主に小説とまんが)
ジャンル:本・雑誌 テーマ:読んだ本。
書店で偶然目に入ったので>「ロシアは今日も荒れ模様」という本を読んでみました。
著者はロシア語の同時通訳が本業で、職業柄ロシアとロシア人に散々困らされたりしながらも、ロシアという国が大好きなのですねえ。笑い話に交えて愛が溢れてましたわー。
ウォッカ(ロシア語風?にいうとウォトカっていうみたい)にまつわるロシア人の小咄が腹がよじれるくらいおかしいです。
ウォトカってロシア人にとっての血みたいなものなんですね。下戸のわたしには一生理解できない世界だわ・・・それだけに憧れるのですが。

オル窓のロシア編が好きなお方、まだお読みになっていなかったら是非トライしてみてはいかがでしょうか。アレクセイ、フョードル、レオニード、ロストフスキーらがこの本に書かれているようなロシア人だったらと思うと笑いが止まりません。

いままでロシアという国について知っていることがあまりに少なかったので、この方のほかの著書も読んでみようと思っています。


秘密

トラックバックURL
→http://monberu.blog14.fc2.com/tb.php/174-c0e404dd