FC2ブログ
2019-05-08 00:00 | カテゴリ:ぼっち渡仏記2019
4泊6日、20年ぶりのフランス一人旅です。
4年前と比べて英語力は微増、フランス語力変化なし、ふてぶてしさはかなり増加、体力はかなり退化というスペックでどこまで頑張れるか自分でも楽しみです。

■一日目:曇

◆往路
費用と時間の都合で、韓国のアシアナ航空利用です。
乗り継ぎ便にしては比較的早く往路到着できることと、帰国便が現地発が夜のため滞在時間が若干増えることがポイントでした。
飛行機の乗り継ぎも20年ぶりでドキドキでしたが、そこはアジア有数のハブ空港である仁川空港です。超親切仕様のおかげで難なくクリアできました!
往路はお店チェックする間もないくらい乗り継ぎ時間が短いものの復路は乗り継ぎ5時間あるので仁川空港探検は後の楽しみに取っておきます。

機内食はプルコギでした。今まで食べてきた機内食の中でも抜群に美味しかったですよ。
ただ、機内ではびっくりするほど寝付けませんでした。仕方ないので備え付けのテトリスやりまくって映画のボヘミアン・ラプソディを見たら目がしょぼしょぼになる始末。
本当に見たいものはフランスにあるというのに、私の馬鹿(´•ω•`)

朝9時発で、同日の夜6時ごろにパリに到着です。日没時間が遅いため、この時間でも全然明るいのはビビリ旅行者にとってはありがたいです。
パリまでは、空港とオペラ座を直通で運行するロワシーバスを利用しました。通常1時間位かかる道のりです。空いていると40分くらいで着きますが、今回は帰宅ラッシュの時間帯のため丸々1時間かかりました。

day1_2.jpg 
ロワシーバスがいつもムーラン・ルージュの前を通過します。この時点で夜7時は過ぎてるはずなのに全然明るい!寒いけどね。

オペラ座からホテルまでは徒歩圏。トランクを引きずる姿は旅行者丸出しなので、ムダに警戒しながら進みます。(旅行前にスリの体験記を読みすぎたせい)

ホテルは小さいキッチン付きの部屋にしました。
時間がない旅行のため立地を考慮。メトロもモノプリも至近、騒音もないのは良いです。無理矢理残念な点を挙げれば窓辺の景色が味気ない(たぶんデパートの倉庫部分?)ことと、二人部屋としてはやや手狭に感じる位でしょうか。

day1_1.jpg 


秘密

トラックバックURL
→http://monberu.blog14.fc2.com/tb.php/1743-18912537